図書館における日常業務のお助け役、ブックトラック。

規文堂が開発した高性能なブックトラック・カルオスをご紹介します。

開発を重ねて誕生した、カルオスⅢ(3代目)。

軽くて静かなブックトラックが欲しいと言う声から生まれたブックトラックです。

  1. 耐久性はそのままに、本体の60%にパンチング(穴開け)加工を施すことで、大幅な軽量化を実現しました。
  2. パンチングの孔から衝撃を分散し、音の低減を実現しています。
  3. スムーズに回転する大口径<直径125mm>のベアリングキャスターを採用。
  4. 側パネル・棚板は丈夫で傷に強いアクリル樹脂焼付塗装(鉛筆硬度3H)で仕上げており、高い耐久性を発揮します。

※採用したキャスターについて
エアーキャスターは、自動車メーカー各社が使用を拡大している、高張力鋼板(ハイテン材)をはるかに凌ぐ強さと軽さをもつ「超特殊強力鋼板」を採用。引っ張り強度は、「1平方ミリ当り160kg」( ハイテン材は1平方ミリ当り35kg~60kg)、独自の加工法で高強度と弾性を有し、キャスターの生命線である旋回性能を飛躍的に向上する事に成功しました。

 

また、2020年、カラーが従来の色に加えて水色、オレンジも誕生しました。

片面3段: 3700 -O(オレンジ)、 3700 -B (水色)

W800×D350×H1185

キャスターはストッパー付き。耐荷重 180kg。

ショート(W600)のオレンジ(3702-O)、水色(3702-B)もございます。