規文堂 企画部

図書館の歴史は古く、紀元前の文明にすでに存在していました。盗難防止の鎖に繋がれた本の図を見たことのある方は多いのではないでしょうか。日本においては、諸外国を視察した福沢諭吉の「西洋事情」(1866)によって、近代的な図書館像が持ち込まれました。

この記事では、

・図書館に求められる役割の変遷

・図書館司書という職能(欧米との比較)

の2点に絞り、現状の考察と未来の予測を立てたいと思います。

現代の図書館はどこへ向かっていくのでしょうか?

 

■図書館に求められる役割の変遷

言うまでもなく、図書館とは単なる書庫ではありません。図書館とは「知識が集約される場」であり、同時に「学ぶ意思のある民衆に知識を公開する場」でもあります。

図書館、ことさら公共図書館には、基本的に以下のような役割が求められます。

・⽂化的な財産である多数の出版物の保存、提供

・課題解決や調査研究を⽀援できるようなサービス

・地域社会の活性化・学習機会の提供

 

また、図書館には「開架式」と「閉架式」があります。今日の公共図書館では閲覧室を備えた開架式を前面に出す方が一般的で、国立国会図書館や専門図書館を除けば閉架式がメインになるケースは少ないです。

ただし開架といっても、滞在時間を短くするため、腰掛けるベンチはあってもゆったりとしたソファや広々とした机は限られて来ました。

 

一方で、近年ではツタヤ図書館に代表されるような、集客力に特化した図書館も散見されます。

ラウンジのような快適な閲覧スペース、書店のようなオススメが目に付く配架あたりが特徴でしょうか。

すでに何度も議論されている内容ですので、詳しくは語りませんが、明らかに現代の図書館は「集客」「地域再生」「観光」「滞在」「共感」へと舵を切っています。

また、ここで注意しておきたいのは、

図書館自体がそれを望んだというより、社会的なニーズにより図書館がそう変貌せざるを得なかったのではないか、という点です。

上述の「観光」「滞在」「共感」といったキーワードは、技術・生産のコモディティ化が進んだ21世紀における現代人の「所有」より「体験」を重視する価値観と一致しています。

また、人口流出が避けられない地域においては、将来の地元経済を担う人材に知識を提供する姿勢を忘れるわけにはいきません。

ここまで現状について分析しました。では、図書館はこの先どのような姿になっていくのでしょうか?

一歩引いて、海外の図書館との比較と、現代社会のニーズから考えてみたいと思います。

 

■図書館司書という職能 (欧米との比較)

冒頭で、日本の図書館の仕組みは海外より持ち込まれたものだと述べました。当然、全てが持ち込まれたわけではありません。今でも、欧米諸国と日本における図書館の扱いには差があります。

映画「ニューヨーク公共図書館エクス・リブリス」などに描写されるように、図書館そのものに対する人々の思い入れは計り知れないものがありますね。

アメリカやカナダでは、図書館の地位がそもそも高く、水道や電気、病院、警察といった社会インフラと同じように重視されていると言われています。

当然、司書の資格を取るのも容易ではありません。認定されている専門職大学院の課程を修了しなければ、司書となる資格を得ることはできないのです。

対する日本の司書の問題としては、以下があげられます。

・司書が館長に昇進する機会が少ない
・司書を派遣社員や非常勤職員で賄うケースが多い
・そもそも司書や学芸員が高度な職として認識されていない

これらは根深い問題です。そもそも司書の資格を弁理士や建築士のように業務独占資格にするべきだったのでは、など、様々な議論はされています。

今回取り上げたいのは、3行目の「認識」の部分です。

3行目の「司書や学芸員」は、「アーキビスト」に置き換えても良いのでは、と考えています。

 

■アーカイブ、プラットフォーム、そして未来

図書館は、情報プラットフォームとしての役割が強くなっていく・・・?

日本には歴史的財産がたくさん存在します。また、戦後の経済成長に伴い、多くの素晴らしい技術を開発して来た実績もあります。

しかし、これらの保存・共有は進んでいるでしょうか?

これから日本の生産人口は減少していきます。また、これまで最前線で活躍した世代もいずれは引退していきます。

一方で、技術がすでに成熟した現代社会を見るに、我々はもっと過去の偉人たちが築き上げたものをアーカイブして共有できる社会を実現していく必要があります(デジタル・アーカイブという概念が定着したのは、ここ10年~20年のことで、アカデミーではだいぶ浸透しているようですが)。

知識の継承、伝達、共有は今後ますます重要視されるはずです。

そのとき図書館は、貸出重視か閲覧重視かという議論を超えて、「あらゆる知識がアーカイブされ、様々な人・団体が出入りするプラットフォーム」という高度な情報インフラへと昇華されるのではないでしょうか。

そのときには、アーキビストの、そして司書の地位がより高いものになるのではないか、と考えています。

 

以上、拙い文章ではありますが、ここまでお読みいただきありがとうございました。企業として何が出来るか、日々考えて開発を進めています。

もし感想、ご意見ありましたら、下記までご連絡いただけると幸いです。

info(アットマーク)kibundo.co.jp

規文堂 企画部

※参考文献

福澤諭吉,”西洋事情”,慶應義塾大学出版会,2002

山口浩,”「TSUTAYA図書館」と「図書館論争」のゆくえ”,知のネットワーク – S Y N O D O S –,2015

文部科学省 ,”諸外国の公共図書館に関する調査報告書” ,2005

アンドリュー・マカフィー、エリック・ブリニョルフソン,”プラットフォームの経済学”, 日経BP社,2018

※掲載内容の無断転載はご遠慮ください。