事例紹介/規文堂webマガジン「Scale(スケール)」vol.05「大阪府内S小学校図書室」

大阪府内にあるS小学校の図書室の改修にあたり、回転式書架、半円テーブルと閲覧椅子を納入。カウンターや図書の展示パネル、絵本の読み聞かせスペースづくりもお手伝いしました。
新しい図書室を訪ね、改修の経緯と改修後のご感想をうかがいました。

大阪府内S小学校図書室

Voice:コンセプトは「居心地の良い図書室」温かい雰囲気の図書室を一新

 児童が自然に集まるような図書室を作りたい。そんなかねてからの願いがかない、2013(平成25)年、図書室を改修することになりました。

 図書室を利用する児童が減っていることは、本校でも長らく懸案になっています。児童の足が遠のく一因は、図書室の雰囲気にありました。長年の間に壁や床がくすみ、暗い雰囲気が漂っている上、アルミ製のイスやテーブルが、冷たく無機質な印象を与えがちでした。加えて、図書や備品が増えるとともに図書室全体が雑然としていてきたことも、改修を決める要因になりました。

 コンセプトは、「居心地の良い図書室」。児童が自然に集まり、くつろぎながら本に親しむことのできる空間づくりを目指しました。2013年秋、教職員の手を借りながら、学校を挙げて壁や床の張り替えが始まりました。内装やレイアウトにも、教職員の意見やアイデアを盛り込んでいます。こうして2014(平成26)年、教職員みんなの想いが詰まった新しい図書室が完成しました。

 図書室に入ってまず感じるのは、教室全体が明るくなり、柔らかな雰囲気に一変したことです。壁や床を明るい色調に張り替えたことに加え、カウンター、半円形の調べ机と閲覧椅子、回転式書架などを新たに置きました。いずれも木製で、角を丸くした曲線的なデザインを採用。安全面にも配慮しながら、温かみのある空間となるよう規文堂に提案してもらいました。

自由な姿勢で本に親しむ、絵本の読み聞かせを聞く「えほんのくに」

施設内の様子

 学習のためだけでなく、ただ本を読む楽しさを児童に知ってほしいとの思いから、レイアウトも変更しました。画期的なのは、高学年の児童を対象とした図書や辞書を並べたスペースと分けて、絵本や低学年向けの図書を集め、新たに絵本の読み聞かせコーナー「えほんのくに」を設けたことです。

 絵本が詰まった低層書架でぐるりと囲んだスペース内に、児童が寝転んだり、足を伸ばしたり、自由な姿勢で本を広げ、読み聞かせを聴けるよう柔らかなマットを敷きつめました。壁に青空を描き、それに合わせてマットを二色使いにするなど、明るく楽しい雰囲気づくりには、図書指導員のアイデアが生きています。

 「えほんのくに」ができたことで、読み聞かせに参加する児童の数は以前に増して多くなりました。読み聞かせのある昼休みには、低学年の児童が集まり、ボランティアの方の朗読を熱心に聞いています。

施設内の様子

子どもの興味を引く面展示や回転式書架

 また書架にも子どもの興味を引く工夫を凝らしています。その一つが、本の面展示を増やしたことです。カウンター後ろの壁に展示パネルを設置し、新刊やおすすめ図書、表紙の楽しい絵本などを展示しました。

 またさまざまなサイズの図書を入れられるキャスター付きの回転式木製書架を採用。書棚の側面を透明のアクリルパネルにして表紙を見せたり、入口付近に書架を設置して児童の興味を引くなど、書架やレイアウトを考える際に規文堂からのアドバイスが役立ちました。

 改修後、図書室に来る児童の数は目に見えて増加。多くのご父母から「図書室から本を借りてくるようになった」との声をいただいています。今後学習内容に関連した図書を今以上に増やす予定。書架や閲覧机を刷新するなど、これからも少しずつ充実を図っていきたいと思っています。

施設内の様子

from Kibundo:教職員の方々の熱い想いにいかに応えるか

株式会社規文堂 横山 哲志

 以前から当社の商品に関心を持ってくださっていたS小学校さまから、今回、満を持して初めてご用命いただきました。

 「児童が自然に集まる居心地の良い図書室を作りたい」との強いご希望をうかがい、児童の関心を引く書架やリラックスしながら読書を楽しめるデザインやレイアウトを提案しました。

 一方で心を配ったのは、見えないところにまで高い品質を行き届かせることです。例えば、カウンターは、コストを考慮した合板製ながら、天然木の風合いをとことん追求したどっしりとした造り。表面は艶やかな光沢を出しながら、図書を立てた時に滑りにくい加工を施しています。また回転式木製書架に免震プレートを設置するなど、デザイン性やコスト、安心して利用していただける安全面にも配慮しながら、高い品質を心がけました。

 校長を筆頭に教職員の方々の「児童にもっと本に親しんでほしい」という熱い想いにいかに応えるか。当社に対する信頼を裏切らないよう誠意を尽くした結果、児童はもちろん、教職員の方々に喜んでいただけたことを心から嬉しく思っています。

施設内の様子