ト・メール
規文堂がご提案する地震対策シリーズ

ト・メール

ト・メールなら、365日・24時間、いつも地震対策中!

今の日本では地震をはじめとする災害がいつどこで起こるか分かりません。図書館は子どもからお年寄りまで多くの人が出入りして自由に知を探求する場所。だからこそ空間の安全性は第一条件です。図書館用品メーカーの規文堂は長年の経験とノウハウをもとに、書架や棚の落下・転倒防止用ツールをはじめとした万全の防災対策を提案。安全・安心、そして快適な図書館づくりを実現します。

ト・メール・バー
感震式・手動式再現実験

[阪神・淡路大震災]

株式会社ワコーパレット様/3軸加振装置実験棟での映像

▼振動実験室において過去の地震の中から最大級の下記4地震を再現
 (再現入力波形として気象庁ホームページを参考)

▼すべての地震で作動と落下防止を確認。
 ト・メール・バーとタナ・ト・メールの強度を確認いたしました。

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災) M9 / 震度7 / 2011年3月11日

釧路沖地震 M7.5 / 震度6 / 1993年1月15日

新潟県中越地方地震 M6.8 / 震度7 / 2004年10月23日

兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災) M7.3 / 震度7 / 1995年1月17日

は海溝型地震、は直下型地震

ト・メール・バー

地震の揺れによる本の飛び出しをガードするト・メール・バーは、揺れを感知するとバーが跳ね上がる「感震式」と本の出し入れ時に手動でバーを下げる「手動式」があり、簡単に棚板に取り付けることができます。

  • 地震時での本の落下を防ぎます。
  • お使いの棚板に設置して頂けます。(棚板間口、奥行寸法をお知らせ下さい)
  • 用途、ご予算に合った3タイプをご用意しました。

※非粘着素材に取り付ける場合は、両面テープで仮止めをし、付属のビスで固定して下さい。

感震式通常時

ト・メール・バー感震式通常時

感震式作動時

ト・メール・バー感震式作動時

ト・メール・バー[感震式]

バーは通常棚板の前面にセットされていますので本の出し入れがスムーズです。震動5前後の揺れをセンサーが感知しますとロックが解除されバーが勢よく跳ね上がり本の落下を防ぎます。
品  番 価格(税別)
7646 ¥5,500
◆材質:
アームカバー/ポリカーボネイト
(底部強力両面テープ付)
アーム/ダイキャスト、バー/アルミ角パイプ
(調整機能付W840~W860)

ト・メール・バー[手動式]

バーは常に本をガードした位置(感震式作動時)にありますので本の出し入れ時にバーを下げてお使い頂けます。
[Aタイプ:ソフトダンパー式]

ソフトダンパーが内蔵されていますので静かにソフトに動作しますので設置場所を選びません。

[Bタイプ]

急に手を離すとバーが勢いよく跳ね上がりますので、本の出し入れ頻度が比較的少ない書架や閉架書庫内の棚におすすめの、Aタイプにソフトダンパーを付けていない低コストで設置ができるタイプです。 

品  番 価格(税別)
7647 ¥4,900
◆材質:
アームカバー/ポリカーボネイト
(底部強力両面テープ付)
アーム/ダイキャスト、バー/アルミ角パイプ
(調整機能付W840~W860)
品  番 価格(税別)
7642 ¥3,600
◆材質:
アームカバー/ポリカーボネイト
(底部強力両面テープ付)
アーム/ダイキャスト、バー/アルミ角パイプ
(調整機能付W840~W860)
ト・メールバーの操作手順

感震式のご利用にあたっては、書架等の収納棚を頻繁にご利用になる就業時(開業時)は収納物の出し入れに支障のないよう、アルミバーを下部(待機状態)に位置させ、終業後(閉店後)はアルミバーを上部(作動状態)に位置させることを推奨します。

アルミバーを感震待機状態(下部固定)にする場合

ト・メールバー

ト・メールバー

バーの両端を持って下げ、少し手前に引いて放すとバネの力で奥に引き込まれロックされます。

アルミバーを作動状態にする場合

ト・メールバー

1バーを少し手前に引くとロックが外れ

2自動的に上部に移動します。

タナ・ト・メール

書架の可動棚板が地震の揺れで落下しないよう、棚板裏の棚受け金具にかぶせて取り付けて簡単にロックでき、そのまま棚板の可動もできる部品です。他社製の多くの書架にも対応しておりますが、ご利用に際しては、弊社までご確認ください。

  • 地震時での棚板の落下を防ぎます。
  • いろんな形状の棚受け金具に対応します。
  • 棚板の固定(ロック)解除(フリー)が簡単(ワンアクション)
  • 取付けが簡単(超強力両面テープが本体に貼っていますので剥離紙を
    剥がして取り付けるだけ ※非粘着素材には付属のビスで固定して下さい)
  • ポリカーボネート製ですので破損することがありません。
    (震度7以上実証済み)
  • 安価で最大の効果を発揮します。
タナ・ト・メール
タナ・ト・メール棚板可動時

棚板可動時

タナ・ト・メールロック時

ロック時

タナ・ト・メール 差し込み方法の説明

ねじ込み式の丸型棚受け金具にも対応しています。丸型棚受け金具の場合は、φ8~φ12mmのものまでご使用いただけます。

棚板可動時 ロック時 ロック時/水平図 丸型ビス

▲棚板可動時

 

▲ロック時

▲ロック時/水平図

丸型ビス

無料サンプル

1セット/4ケ入りをご希望の方に差し上げます。
(送付先をお知らせ下さい)

品  番 価格(税別)
7642 ¥3,600
◆材質:
ポリカーボネイト(上部仮止め両面テープ付)

◆4個入り

ト・メール・テープ

ト・メール・テープ

中規模地震(震度5弱迄)迄の揺れに対応した本の落下防止滑り止めテープ。片面スベリ止め加工(シリコン樹脂層)と片面粘着で構成された25mm幅、長さ880ミリのテープ(棚板前側に貼付ける事で効果があります。)

ト・メール・テープ

ト・メール・テープ

品  番 価格(税別)
7641 ¥3,800

◆10本入り

◆耐熱性・離型性・摩擦性・クッション性に優れています。

◆シリコンゴム、PETフィルム、アクリル系粘着材の三層
 構造からなる一体型テープ

さあ、始めましょう。『ト・メール』シリーズで地震の備え。

巨大地震がいつどこで来るか分からない日本列島。明日来るかも分かりません。備えがあれば被害を最小限に防ぐことが出来ます。何もしないで復旧にかかるコストと備えをしておくコストの比較をしてみて下さい。何より人命にかかわる重要なことですので対策は絶対に必要と考えます。図書館メーカーとして出来ることを考え研究開発に取り組んでいます。棚板が落下しないように前後上下に完全ロックが出来るタナ・トメール。本が落下し怪我や死亡事故に繋がらないようにあらゆる揺れに対応したト・メール・バー。開発から約3年の歳月をかけようやく自信を持ってご提案できる商品になりました。是非ご検討下さい!

上段:ト・メール・バー[感震式]中段:ト・メール・バー[手動式]下段:対策なし

ト・メール・バー 加振前

作動前

ト・メール・バー 加振中

震度4で作動し、バーが跳ね上がった状態

ト・メール・バー 加振後

震度6強でも本を完全にブロックしました